副業・週末起業に役立つGoogle無料ツール

google無料サービスを活用
Pocket

副業・週末起業をスタートアップするには「いかに初期投資を抑えてスタートするか」が非常に重要になる。

ビジネスがすでに軌道に乗り順調に収益が出ているなら別だが、まだ売上・収益ゼロの段階でいきなり有償サービスなどに初期投資してしまうと、仮に難しい状況に追い込まれた際などに後戻りできなくなるし、せっかくの副業・週末起業をいきなり赤字からスタートというのは苦しいものなので、なるべく無料ツールや無料サービスを駆使して、できるだけ初期投資を抑えてスタートしたいものだ。

そこで是非活用してほしいのがgoogleの無料ツールだ。

まず、Googleを知らない人はいないだろう。

googleの無料ツールと聞くと、多くの方が「Google検索」を真っ先に思い浮かべるだろう。
いわゆる「ググる」だ。
あるいは「googleマップ」を思い浮かべる人も多いかもしれない。

だが、無料で使える便利なGoogleサービスはそれだけではない。

無料メールサービスの「Gmail」をはじめ、他にもgoogleは私たちが知らない便利なツールをとてつもなくたくさん、しかも無料で提供している。

今のインターネット分野ではGoogleサービスを使わないことなど考えられないほど、重要な役割を果たすサービスが多い。
「Googleを制するものはネットビジネスを制する」と言っても過言ではない。

副業・週末起業でネットビジネスを始めようとしている人は勿論必須だが、飲食サービスやその他のジャンルでの副業・週末起業であろうと、Googleの無料サービスを使いこなすことでビジネスをコスト不要で効率的・円滑に進めることができる。

もちろん、Googleの各種ツール・サービスが役立つのは副業・週末起業のみではない。

私の本業であるホームページ制作やWEBコンサルティング、いわゆるネットビジネスの世界では必要不可欠であり、そうでない分野でもGoogleのツールを便利に使いこなしている人は多い。

なぜGoogleが多くの便利なツール・サービスを無料で提供しているのかは後回しにして、ここでは週末起業に是非活用してほしいgoogleの無料ツールを紹介する。

Gmail(googleアカウント)

Gmail

googleの無料ツールを使うためにまず用意すべきは、何は無くともまずGmailアドレスだ。
言わずと知れたGoogleが提供する無料メールサービスだ。

Gmailが登場するまでは、メールというものはPCにメーラーを設定して受信し、PCに保存するというのが主流だったが、Gmailの登場により「メールはメールサーバに保管し、複数のPCやスマホなど、場所や端末を問わずいつでも閲覧する」スタイルが主流となった。

こうしたクラウド型メールはGmailが最初ではなし、icloudメールや現在も多くのクラウド型メールサービスが存在するが、ここまで浸透しているクラウド型メールサービスは他にはないだろう。
たとえば、スマートフォンのAndroid端末には必ずGmailが必要となるので、それまでGmailを持っていない(認識していない)人はAndroid端末にした時点でGmailを持っていることになる。

Gmailの利点としては
・PC、スマホなどあらゆる端末で使える
・セキュリティが強い
・データ消失に強い

など、他にも多くのメリットがある。
もちろんメリットばかりでもないが、Gmailのメリット・特徴については別記事で紹介しているので、そちらを参照してほしい。

そして、Gmailアドレスは同時に「googleアカウント」となる。

Googleアカウントとは、Googleの様々なサービスを利用する際に必要となる、いわば「会員ID」だと思えばいい。

以下で紹介するGoogleサービスを利用するには、すべてGoogleアカウントが必要になるので、まずはGmailアドレス(googleアカウントの作成)から始めてほしい。
Gmailアドレス(Googleアカウント)の作り方については別記事で紹介しているので、参照してほしい。

Gmailアドレス(Googleアカウント)の取得・設定方法
サラリーマンが週末起業をスタートするための重要なポイントのひとつに「いかに初期投資を抑えてスタートするか」というところがある。そ こで是非活用してほしいのがgoogleの無料ツール・サービスだ。 Googleの提供する無料ツール・サ...

Google Chrome

Google Chrome

「Google Chrome(クローム)」はインターネットを閲覧するためのブラウザソフトだ。

他にもブラウザソフトで有名なのはWindowsに標準装備されているmicrosoftのIE(インターネットエクスプローラー)やEdge、Macbookに標準装備されているFireFoxや、iphoneに標準ブラウザとして装備されているSafariなどがある。

インターネットが閲覧できるならどれでも同じと思いがちだが、Google Chromeには他のブラウザには無い様々なメリットがある。

・動作が早い
・シンプルなので直感的に利用することができる。
・1つの端末で設定しておけば、違う端末で同じGoogleアカウントにログインした際、設定が共有されているので、再度設定する必要がない。
・拡張機能が豊富なのでカスタマイズ性が高い。
・検索バーとアドレスバーが一体になっているので、より簡単に検索ができる。

など、他のブラウザより優れている点が多い。

この他にもメリットはあるが、何より重要なのは、この記事で紹介しているGoogle無料サービスの殆どがGoogleChromeでの使用を前提にしているため、当たり前だが親和性が高いのだ。

WEBコンサルティングやアクセス解析の世界では必須ツールである「Googleアナリティクス」や「サーチコンソール」などもGoogle Chromeでの操作を前提としている。

もちろんIEや他のブラウザでも使えなくはないが、ここまでメリットがあるGoogle Chromeを使わない手はない。

副業・週末起業で行うサービスのホームページを作る事も多いだろう。そういった時にGoogle無料ツールは強い武器となるが、それらを最大限活かすためにもぜひGoogle Chromeの導入をおすすめした。

Google Chromeのメリット・デメリットや活用法は別記事を参照していただきたい。

Google Chromeのメリット・デメリット
「Google Chrome(グーグル クローム)」とは、世界トップシェアでInternet Explorer(IE)を超えて1位になるなど、現在では世界で10億人以上のユーザーが使っている多くのネットユーザーから支持を得ているWebブラウ...

googleカレンダー

Google(グーグル)カレンダーは、個人だけでなく企業のスケジュール管理などにも広く活用されている無料のスケジュール管理ツール、文字通り「カレンダー」だ。

初めて使う方にとっては使いづらく感じることもあるだろうが、ウェブで利用できるほか、iPhone、Android版のアプリも用意されているため、外出先でスマホやタブレットを使って操作することも可能だ。
Gmailアカウントを持っており、かつインターネットが使える場所であればどこからでもアクセスできるため、日本国内はもちろん世界各国で使える。

他にも、自分の予定を登録するだけでなく他のユーザーとスケジュールを共有したり、ToDoリストを登録して業務の取りこぼしやタスクのやり忘れを防いだりすることができる。
また、重要な予定とそうでない予定を色分けして登録することも可能だ。

Googleマップなど、この記事でも紹介しているGoogleが提供する各種サービスと連携してスケジュール管理ができる便利なツールなので、副業と本業の同時管理や、副業で他の仲間と連携する場合などにとても便利だ。

Googleカレンダーの基本的な使い方や業務でよく使う便利な機能などは別記事を参照してほしい。

googleマイビジネス

週末起業・副業で新たなビジネスを開始するとき、ホームページを作成し、 Google  検索結果 に表示されるようになるにはある程度の時間・手間・費用がかかる。

しかし、「Googleマイビジネス」を利用することで、それがある程度容易に、かつ短時間で実現することが可能だ。

会社や飲食店の名前を Google で検索すると、 検索結果画面の右側(PCで検索・閲覧時)には、企業・店舗の基本情報・写真・地図が表示されるのに気付いた事はないだろうか?

「Googleマイビジネス」は、この情報を登録・管理できるサービスだ。
 Google検索結果やGoogleマップなどに、無料で自身のビジネス情報を掲載することができる。

必ずしも住所を表示する必要はないので、在宅や非店舗型ビジネスなどで店舗がない場合も、Googleマイビジネスに登録することができる。

Googleマイビジネスの特徴としては
・Google 検索や Google マップ上に、社名・店名・電話番号・住所・営業時間など、ビジネスの基本情報を掲載、管理できる
・会社や店舗の外観・内観・取り扱い商品・おすすめメニューなどの写真を掲載
・クチコミの管理・返信
閲覧数・閲覧 ページ ・閲覧写真・アクセス元地域などの簡易分析
・PC、スマートフォン版対応

などが挙げられるが、無料で実店舗の情報が Google検索結果やGoogleマップに掲載できるだけでも利用価値は多分にあるし、利用ユーザーからの口コミを管理できたり、最新情報の掲載もできたりするだけでもメリットは大きい。

Googleマイビジネスの詳しい内容は別記事を参照してほしい。

googleドライブ

Googleドライブとは、簡単に言えば「インターネット上にある自分だけのHDD(ハードディスク)」だと思ってもらいたい。

Googleが提供するオンラインストレージ上に、PCやスマホの中にある写真データや、テキストやWordファイル、PDFファイル、動画、Zipファイルなど様々なファイルを保存することができる。

GoogleアカウントでGoogleドライブにログインすれば、パソコンやタブレット、スマホ等から、オンラインストレージに保存されたファイルにアクセスでき、ダウンロードや編集も可能だ。

Googleアカウントひとつに対し、クラウド上に15GB分の保存スペースを無料で借りれるサービスだが、意外と認知・利用されていない。

Googleドライブは、Andoroidスマホであれば、ほぼ標準でアプリがプリインストールされているのでサインインすればすぐにでも使うことができる。

Googleドライブの主な特徴としては
・Googleアカウントごとにストレージを無料で15GBまで利用可能。
・文章、写真、音楽、動画など何でもアップロードできる。
・PC、タブレット、スマホなどデバイスを選ばずにアクセスできる。
・フォルダやファイル毎に他のユーザーとの共同編集や閲覧を許可したりできます。

などが挙げられる。
前述のGoogleカレンダーと並んで、ネットビジネスでは必要不可欠であり、週末起業・副業をするにあたり活用すればとても便利な機能なのでぜひ知っておいてほしい。

Googleドライブについての詳細は別記事を参照してほしい。

googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート」とは、一言でいえば「表計算ソフト」だ。

表計算ソフトといえば、代名詞はマイクロソフトのExcelだろう。
これまで表計算ソフトといえば、第一にマイクロソフトのExcelを挙げる人が多かっただろうし、他にも同じような機能をもつ類似ソフトやフリーの表計算ソフトなどは多数あるが、ビジネスで利用されるのはほとんどExcelだったと言っても過言ではない。

ところが、近年はExcelと同レベルの表計算やグラフ化、関数の使用が可能で、かつ複数のユーザーによるデータの共有が簡単にできるGoogle スプレッドシートの利用者の増加が顕著になっている。

GoogleスプレッドシートはGoogleのアカウントを登録しておけば誰でも簡単に使うことのできるソフトで、他のGoogleツールなどと同様、PCとインターネット環境さえあれば基本的に無料で使うことができる。

無料でかつExcelにはない便利な機能を備えているために、多くの企業でExcelの代わりとして使われる場面が増え、近年需要が高まっている。
また、印刷や処理スピードに関しては若干Excelの方に軍配が上がるが、ファイルの共有やGoogleの他の便利なサービスとの連携という点においては、圧倒的にGoogle スプレッドシートの方が使いやすいといえるだろう。

Excelと、Google スプレッドシートとの違いなどは別記事を参照してほしい。

googleアナリティクス

もし週末起業・副業でホームページを立ち上げて集客を行ったり、ブログ運営をする場合などに必須となるツールが「Googleアナリティクス」だ。

Googleアナリティクスは自身の運営するホームページやブログなどのWEBサイトに設定することで、自身のサイトに
・いつ、どれぐらい、どんなユーザーが訪問しているのか
・サイト内でどのような動きをしているのか
・最終的にどれぐらいの訪問ユーザーが目標達成できたのか

などを分析する、いわゆる「アクセス解析ツール」の代表格だ。
正直なところ、Googleアナリティクスを使いこなすには、ある程度の専門知識も必要になり、かなりの学習が必要だろう。
また、Googleアナリティクスを説明するには専門書1冊の情報量では足りないので、今後別記事で紹介していこう。

ただ、知っておいてほしいのは、このGoogleアナリティクスも
・無料で提供されており、Googleアカウントさえあれば利用できる
・WEBサイトを運用して集客するならば絶対に活用すべき
だということだ。

週末起業で必ずしも必要とは言わないが、副業・週末起業を成功させるためにはWEBサイトは活用すべきで、そうなるとGoogleアナリティクスも使うべき、となる。

サーチコンソール

サーチコンソール(Search console)もGoogleアナリティクスと並んでWEBサイト運用の必須ツールとなる。

ちょっとわかりづらいかもしれないが、Googleアナリティクスが「自分のサイトに入ってきたユーザーを把握する」ツールであるのに対し、サーチコンソールは「自分のサイトにどのように入ってくるか」という、WEBサイトへ入ってくるまでを探るツールになる。

サーチコンソールに自身のWEBサイトを登録・設定することでSEO対策を効率良く進めることができるようになる。
しかし、先ほどのGoogleアナリティクスは設定していても、このサーチコンソールは何ができるのかよくわからない…といった理由から使っていない方も多いだろう。

サーチコンソールでは、「どんなキーワードで検索した際に自身のWEBサイトが検索結果に表示されたか、クリックされたか、その率は?、表示順位は?」といった検索結果の表示回数やそのクリック数や率、といったアナリティクスとは異なる数字を知ることができるため、SEO対策を行うためには必須となるツールのひとつになる。

Googleアナリティクス同様、使いこなすにはある程度の知識・学習が必要になるが、WEBサイト運営には必須であり、Googleアカウントさえあれば利用できる無料ツールであるということを知っておいてほしい。

サーチコンソールの使い方や活用方法についても詳しくは別記事を参照してほしい。

キーワードプランナー

スマホが一人一台となった今、常に日本中・世界中で多くの人が様々な目的でインターネット検索をしています。

逆に自身がなにかビジネスをしていて、ホームページを持っていれば、どんなキーワードで検索されたときに自身のホームページが上位に表示されたいかということを考えているだろう。

どんなキーワード がどれだけ検索されているかを知りたい、そんな時に役立つのが「キーワードプランナー」だ。

「キーワードプランナー」は本来Googleの広告「 Google AdWords」利用者向けのツールだが、広告を利用していなくても登録だけすれば使うことができる。

キーワードプランナーの活用方法としては、

例えば、「週末起業 ブログ運営」というキーワードでユーザーが検索した時に自身のWEBサイトが上位表示されたい!と考えて、自身のWEBサイトや投稿するブログ記事を「週末起業 ブログ運営」というキーワードで対策したとしよう。

もしその時に「週末起業 ブログ運営」というキーワードで検索している人が存在しなかったらどうだろうか。

当然、検索される機会が無いのだから、あなたのWEBサイトに訪問する人はいない、ブログ記事を誰にも読まれることもない、ということになる。

キーワードプランナーの役割は「どんなキーワードがどれぐらい検索されているか」という、いわば需要がどれくらいあるのかというニーズを調査することができる。
また、もともとはWEB広告用のツールなので、キーワードごとに目安となる広告単価が表示される。
つまり、広告単価が高いほど、競合するサイトや記事が多いということになる。

WEBサイトへ集客するポイントに
・ニーズはどれぐらいあるか?
・競合はどれぐら存在するか?
という重要な2つの指標があるが、キーワードプランナーはそれらを把握するのに有効な無料ツールになる。

Google Adwordsで広告を出稿していない人は詳細な月間平均検索ボリュームが見れなくなってしまったが、おおよその傾向は十分掴める。また、広告出稿している人は以前と変わらず詳細な月間平均検索ボリュームが見えているようだ。

 

googleトレンド

自身のWEBサイトやブログの記事に書くネタを探す時や、そもそも新しい事業を始める時など、「今、世の中では何が注目されているのか」「今後需要が高まるのはどんな分野か」といった話題のキーワードや特定の キーワード の需要調査が必要なシーンがたくさんある。

そのような時に役に立つ ツール が「Googleトレンド」だ。
Google が蓄積している膨大な検索データをもとにした、人気急上昇のキーワードや特定の キーワード の検索回数の推移をグラフで確認することができる。
もちろん無料で、必要なのはGoogleアカウントのみだ。

先述のGoogleアナリティクスやサーチコンソールはWEBサイトやブログ運用に必須のツールだったが、このGoogleトレンドはWEBサイト運用のみならず、「何か新しいビジネスを始める」とき全般に絶大な威力を発揮する。

例えば、これから週末起業のブログを運営しようとしていると考えてみよう。
当然、ブログへ流入してほしいキーワードとしては「週末起業 ブログ」などが該当するが、そのキーワードをGoogleトレンドに入力すれば、2006年以降のキーワードの検索状況がグラフで確認できる。
右肩上がりであれば、まだ伸び続ける可能性もあるが、すでにピークを迎え右肩下がりであれば、そのキーワード(ニーズ)は縮小傾向にあると考えられる。

また、似たようなキーワードでどちらを対策するべきか迷った時などにも使える。
例えば、「週末起業」と「副業」をひとつのグラフに並べると、「トレンド」も「需要」も全く異なることに気づくだろう。
もちろん、トレンドが右肩上がりで需要が多いほうを選択すれば成功するほど単純ではないが、今後市場が拡大していくのかどうかを測る上ではとても参考になるのでぜひ活用してほしい。

なぜgoogleツールは無料なのか

Googleは数多くの便利なサービスを無償で提供しています。
ではなぜ、タダでこんなに使えるのだろうか。

答えを言えば、Google検索の運営資金は、GoogleアドワーズやGoogleアドセンスと呼ばれるWEB広告が収入収入源だからだ。

つまり、

・お金を払う人とサービスを利用する人が異なる。
・検索する人はお金を払わない。
・検索結果にリスティング広告を出す人がお金を払う。

といった「三者間市場モデル」だ。

Googleで検索をしたときに、検索結果の最上部や最下部に「広告」と付いているものが数件あるのを見たことがあるだろう。
Googleに広告を出稿すると、クリックあたり100円だとか、1,000円だとか、広告費を支払うことでそのスペースに自社のWEBサイトを表示させられる仕組みで、広告主が支払ったその広告費が、Googleの収入となり、検索サービスの運営資金になっているのだ。

なので、GoogleアドワーズやGoogleアドセンスを使ってくれる人がいなくなると、Google検索は商売が成り立たなくなってしまう。

これは珍しいビジネスモデルでも特別でもなく、テレビやラジオなどと同じで、視聴者はお金を払っていないが、広告収入によって運営されているということだ。

なので、テレビやラジオがユーザーに視聴されなければスポンサーが付かないのと同様に、ユーザーに検索を利用されなければWEB広告も売れないため、Googleは検索結果に対し徹底したユーザーファーストを追求し、より多くのユーザーを獲得している。
その多くのユーザーによる検索結果に対し、より戦略的に対策・運用していくために様々な無料ツールを提供することで多くの広告主を集めている。

また、様々なツールを無償で提供することで膨大なデータを大量に集められたGoogleは、ビッグデータの解析や人工知能などの活用により次のステップへと進んでいます。

Googleアナリティクスは利用者にとってはWEB解析ツールですが、GoogleにとってはWEB情報を取得するもの。Googleカレンダーは人の動きをスケジュールから取得するもの。Gmailはメールを(もちろん、それぞれに個人情報は避けて統計的に処理されているのだろう)。
こうやってGoogleは世界中の人々からデータを集める仕組みを作り上げているのだ。

我々は知らず知らずのうちにGoogleへデータを提供していることになるが、反面、無料ツールを利活用する側に回ることで様々な恩恵を受けることもできる。
もちろん、google以外にも便利な無料ツールは数多くあるが、規模の大きさ、手軽さ、信用性、安定性など、google無料ツールは抜きんでているのは間違いないだろう。

週末起業・副業を成功させる上で、Googleとは「お互い様」の関係と言えるので、うまく活用してほしい。

Pocket

コメント

  1. […] Googleの無料ツールについては別記事「副業・週末起業に役立つGoogle無料ツール」を参照してほしい。 […]

  2. […] 副業・週末起業に役立つGoogle無料ツール週末起業は「いかにお金をかけずにスタートするか」が重要です。まだ収益ゼロの段階でいきなり初期投資してしまうと、後戻りできなくなりま […]

タイトルとURLをコピーしました